GemForex

      2018/07/26

MT4のEAが使い放題

GemForexの売りは何と言っても、MT4のEAが使い放題というところです。最初に私がMT4で自動売買をおこなったのもこのブローカーでした。最近では、fx-onでも上位にランクされるようなEA、例えばこのサイトでも紹介したさざなみ("Pro”がつくので改良版かな?)やCycleTrapMACD_SCALなどのyumokin氏の一連のCycleシリーズなど、有名EAも選べるようになってきています。口座を開設さえすれば、こうした優秀で高価なEAが使えるというのは、資金の少ない人や初心者にとっては非常にありがたいことだと思います。

ただし、これらのEAを使用するには条件があります。GemForexの口座を開設するか、XMやFXDDなど他のブローカの口座をGemForexサイトから開設するということです。要するに口座縛りということになります。しかも、GemForex以外のブローカーの場合は、口座の資金残高に応じて月に1つや5つしか利用できないようになっています。全てのEAを利用するには口座残高が100万円以上か$10,000以上必要です。

フォワードで実績開示

このEAたちのフォワード実績はこちらのサイトで公開されているので、fx-onと同じく数か月以上の実績を見て使えそうなEAを選択することも可能です。バックテストだけしか公開していない販売サイトもある中で、こうしたEAの運用実績が見られるのは貴重です。

ミラートレード

MT4の自動売買以外にもGemForexには自動売買のシステム、ミラートレードがあります。MT4をインストールしなくても、口座に入金してストラテジーを選択すれば、設定なしであとは勝手に自動売買をしてくれる初心者向けのサービスとなります。こちらもカコテンEURAUDなどの人気EAが選択でき、フォワード実績を確認できます。

ボーナス、レバレッジ、リクオートなし、日本語サポート、入出金、etc…

他にもこのブローカーは評価できる特徴的サービスがあります。その一つがボーナスキャンペーンです。最近の例でいうと、キャンペーン期間中に入金するとボーナスが100%付与されます。例えばこの期間に10万円入金すれば、プラス10万円のボーナスが貰え、倍の20万円が口座に反映されます。これは引き出すことは出来ませんが、証拠金として使用できるので、トレードをする回数や取引の額を増やすことができます。だいたい月に1、2回ぐらいは、このキャンペーンをやっており、昨年11月にはなんと200%ボーナスも実施していました。他のブローカーのボーナスと比べても非常に太っ腹ですねよ。

さらにレバレッジも売りの一つです。口座残高200万円まではレバレッジ1000倍で取引できます。実際にそこまでレバレッジをあげることはないにしても、少ない資金で大きめの取引ができるのは魅力です。ただしロスカットは証拠金維持率の100%とと高いので、少ない資金でハイレバ取引をする場合は注意が必要です。

またリクオート(注文価格の再提示)なし、約定拒否なし、高約定率をうたっているほか、16の約束と称してユーザー目線のブローカーであることをアピールしています。こうした点はいいのですが、使用しているシステムと合わせてそれが保証される根拠の説明も欲しいものです。

実際に利用してみて良かったのは、日本語サポートがしっかりしており質問への回答が速かったのと、入金に国内送金を使えること、さらにドル口座と円口座の間の資金移動がwebの管理画面で行えることでした。これらの条件は海外のFXブローカーを利用するに当たって私の中では今では必須の条件ですが、これまで使った業者の中にはこうしたサービスがなされていないところもありました。

信用力は・・・

気になる点もあります。まずは口座にある証拠金が信託保管されていないことです。もしGemForexが倒産した場合、会社と顧客の資産は法的には区別されていないため、顧客の資金は返還されない可能性があります。HPには顧客の資金をHSBC口座で保全し「大切に守る事を約束」するとありますが、国内外の大手FXブローカーが信託保管をやっている現実と比べると、信用度は劣ると言わざるをえません。

また公的な金融ライセンスもありません。国内のFXブローカーは金融庁、XMやFxProはキプロス証券委員会、Axioryはベリーズ国際金融委員会、FXDDはマルタ金融庁など、有名どころで比較的まともと思われる業者は公的機関によるライセンスを受けています。そうしたライセンスを受けるには、口座の信託保全、コンプライアンスや内部規制などを行うチームの存在、資金力等、会社としての体力や組織力が必要となります。したがってこうしたライセンスがないということは、会社組織として発展途上にあると推測できます。

とはいえ無料でEAを使用できるなど独自の魅力あるサービスを提供し、ユーザーが取引しやすいような環境を整えようと努めているのも事実です。投資、特に証拠金取引で突発的な相場変動にさられることもあるFXにはもともと大きなリスクが付き物であることを考えると、信託保全の有無やライセンスは、ブローカーを選ぶ重要ポイントではあるとしても、決定的な要素だとは私は思いません。提供しているサービスの中身を考えるなら自己責任での選択はありだと思える業者です。今後はこうした会社の信用力に係る部分を強化しつつ、更なるサービスの充実を期待したいところです。

キャッシュバックサイトからのオールインワン口座開設がおすすめ

口座開設に関して私のおすすめは、GemForexのオールインワン口座をFinalCashBackから開設することです。500ドル以上の入金が必要で、かつ一部GemForexに未対応のEAもありますが、ほとんどのEAは口座残高に関わらず使い放題になるし、スプレッドが大きい分をある程度キャッシュバックで取り戻しながらトレードすることが可能になります。ちなみにここで触れませんでしたが、GemForex(GEM-TRADE)のスプレッドは高めです。スプレッドの狭いノースプレッドの口座もありますが、こちらはボーナス対象外、キャッシュバック対象外で、しかも数に限りがあります。また他のブローカーで口座開設した場合もキャッシュバックは受けられません。

【追記】※ボーナス対象となる口座については現在オールインワン口座でもキャッシュバックは受けられなくなっています。

口座開設はこちら

 

 

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - 自動売買ライフ, GemForex&GemTrade, ブローカー , , , , , , ,