金色の小槌

   

最近は内部に複数のロジックを持つEAは珍しくなくなってきましたが、それを発展させてあらゆる相場で利益をあげられるEAができないかなあと夢想してたりします。トレンドでもレンジでも、停滞していても、ボラが激しくても、急騰急落しても勝てるEAが欲しいものです。夢のEAですね(笑)。

今回紹介するEA(だけでなく全てのEA)はさすがにそこまでのオールマイティな柔軟さを備えているわけではありませんが、なかなかよさげなEAです。紹介ページによると、「長時間足(H4)の移動平均線を主に使いトレンドを追いかけるトレンドフォロー型と、短時間足(M1)のボリジャーバンドを主に使いリバウンド(正確にはリバウンドの押し目)を狙うカウンタートレード型、2つの異なるスタンスのロジックを合わせ持ち、トレンド相場でもレンジ相場でも収益をあげることを目指したEA」とのことです。よく相場にはトレンドとレンジ、二つのどちらかしかないと言われたりしますが、どちらの相場でもできれば24時間休まず貪欲に利益を追求して欲しいと思うのは私だけではないでしょう。このEAは、そこまで活発な動きはしませんが、この内部のロジックを用いてほぼ毎日のように取引をします。

最近はForexAdoreに代表されるように、TPやSLを相場に合わせて変化させるEAも増えてきました。このEAも、「TPは40~80pips、SLは45~60pips(スリッページにより多少前後する可能性あり)とし、相場の状況により変化させます。エントリーと逆方向にレートが進んでしまい、トレンドが想定から変わったと判断した場合は即時決済するロジックも持っています」。そうしないと、勝てないような難しい相場になってきたということなのでしょうか。EAは相場が変われば使えなくなるなどとも言われたりしますが、エントリーのロジックを複数持ち、決済のロジックも相場に応じて変化させるEAなら、「寿命」も延びて行きそうですね。

フォワードの実績が2ヶ月程度なので、まだ評価を下すのは早いかもしれませんが、バックテストでは10年間毎年1000pipsを超えており、リアル口座でこの実績が出せれば凄いことです。そうなればこのEAは、まさにおとぎ話に出てくる小槌のような宝物になりますね。

トレンドフォロー・カウンタートレード2つの異なるスタンスのロジックを持った安定収益EA
金色の小槌
金色の小槌 | fx-on.com
金色の小槌 | fx-on.com

 

 

 

                    

 

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TRADERS-pro【トレプロ】




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

 - EA紹介, 国内EA , , ,