MB-TradingSystem

      2016/05/31

ブレイクアウト系のEAはこれまで色々と試してきました。特にSmartBreakoutなどMQL5のEAたちはいくつか運用してみたのですが、好不調の波も大きく、ロットを大きくし過ぎて手数料負けしたりしたことをきっかけに、現在は運用を止めています。手法自体は嫌いではないし、手法がはまれば爆益も期待できるので、あとは安定して勝てるEAが出てくればまた運用しようと考えていました。

そこでブレイクアウト系のこのMB-TradingSystemですが、安定感の点で言えば抜群のものがあります。fx-onの月別のフォワード実績を見ると、2014年12月~2016年4月までの間で負けた月は、なんと2ヶ月だけです。残念ながら今月(2016年5月)はその数少ない負けの月になりそうですが、しかしここまでの実績があれば今後もまた稼ぎ続けてくれるのではないかと思っています。

安定しているのは、様々なテクニカル分析でBuyStopとSellStopの指値エントリーを絞り込んでいる他、多通貨(USDJPY/EURUSD/GBPUSD/AUDUSD/NZDUSD)分散を図っていることも要因でしょう。多通貨分散のEAは特に珍しくないわけですが、ブレイクアウト系ではあまり見かけたことがありません。fx-onでは通貨ごとに切り売りしているEAも多いため、一本24,800円で同じ口座で多通貨で運用することを前提としたこのシステムは、リスクの低減だけでなく、お得感という点でも評価できます。

ただしこの種のEAはスプレッドや約定力が重要になってきますので、ブローカーやVPS、手数料などには注意を払う必要があります。ロットの増やし過ぎずにも注意が必要ですね。ブレイクアウトの手法は、ロットを増やして爆益で稼ごうと考えてしまいがちですが、逆になることもしばしばです(経験者談)。勝率高いので資金力に余裕がある人はいいかもしれませんが。

それにしても最近の不調が気になります。方向感がはっきりしない、トレンドが出にくい相場では勝てないのでしょうか?とりあえず私はこの記事を書く前に、通貨ペアごとにエントリーをロングのみ、またはショートのみに設定を変更しました。直近でもロングだけあるいはショートだけは勝っていたりする通貨ペアもあるし、こういうときはより得意なポジションだけで勝負できるようにしとこうと思ったからです。でもそういう設定にした途端、逆の設定の方が勝ちが多くなるということもよくあることなのですが。今後の巻き返しに期待したいところです。

累計販売200本突破! 複数の通貨ペアでトレードする高性能EA!
MB-TradingSystem
MB-TradingSystem | fx-on.com
MB-TradingSystem | fx-on.com

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , ,