EA利用不可!OANDA JapanでMT4自動売買を続けるか?

      2017/04/17

ご存知の方も多いと思いますが、OANDA JApanのベーシックコースで、EAを利用したMT4自動売買が10月31日からできなくなりますね。今現在私自身はこの口座を利用していないのですが、狭いスプレッドで手数料無料で裁量も自動売買も可能だっただけに非常に残念ですね。

ネット上では、fx-onでも一時トップの人気があったAMSER(現在販売停止)など、一部のTICKでストップロスを入れるようなEAがサーバーに負担をかけたから、とか色々言われていますが、本当のところはどうなんでしょうか。私もOANDA Japanに一応聞いてみたんですが、

お問合せ頂き誠にありがとうございます。

先日のメールでのご案内の通り、
諸般の事情によりベーシックコースでMT4の自動売買が出来なくなります。

・・・とこれだけの答えでした。「諸般の事情」ということで、理由は教えてもらえませんでした。NDDの業者ということだし、ユーザーと利益相反ということはないと思う(信じたい)ので、やっぱり一部EAによるサーバーへの負荷の増加が原因なんでしょうか。

で、気になるのは、ではベーシックコース以外の口座はどうかということですね。まずプロコースですが、こちらはスプレッドがドル円が0.8銭、ユーロドルは0.8pips、ポンド円はベーシック口座と変わらず2.4~4.6銭ということです。まあ悪くはないとは思いますが、狭いスプレッドを利用したEAなどは若干厳しくなるもしれませんね。ただロットも1000通貨(0.01ロット)から可能だし、通常のEA取引には問題なさそうです。ただベーシックコースと同じNYサーバーだし、また何かあったらEAは利用停止にならないかという不安はありますね。最低入金額も20万円以上ですし、ややハードルが上がります。

新しくできた「OANDA Japan FX(東京サーバー)」コースの場合は、スプレッドはドル円が0.4~0.8銭、ユーロドルが0.4~0.6pips、ポンド円0.81.5銭と、プロコースよりも、通過ペアによってはベーシックコースよりもスプレッドは狭いようです。最低入金額も10万円以上です。ただし、ロットが1万通貨(0.1ロット)以上なのが要注意ですね。このコースは資金があれば選択するのもいいでしょうけど、資金が少ない場合は、トラリピのようなグリッドタイプのEAや多くポジションをとるタイプのEAを運用するにはちょっと厳しそうですね。

うーん、結局のところ私的には今回の決定は、MT4自動売買向けの国内ブローカーとしての評価が若干落ちたかなあという感じです。ベーシックコースが駄目なら別コースに移れば問題解決、という単純な問題でもないような気がします。今までユーザー寄りで独自サービスを提供してきたブローカーという印象があったんですが、こういう決定が突然なされると、ここのサーバー大丈夫だろうか、負担のかかるEAが出てきたらまた止められるのだろうか、とかやっぱり色々考えてしまいます。ベーシックコースは両建てにも対応するようだし裁量なら問題ないと思いますが、MT4の自動売買向けブローカーとしてのOANDA Japanの評価についてはちょっと微妙になってしまいますね。安心してMT4で自動売買できなくなるというか。それでも実績あるいいブローカーだとは思うんですけどね。ブローカーランキングをどうするか迷います。
MT4スプレッド2

                    

 

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

TRADERS-pro【トレプロ】




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村

 - 自動売買ライフ, ブローカー , , , , ,