トレーディングオフィス№1EA Forex Shogun一般公開!

      2017/02/06


トレーディングオフィスさんの2016年の収益№1EA、ForexShogunがついに一般向けに販売開始されましたね。以前メルマガ読者だけを対象に限定期間販売されたんですが、私はその時に購入し、以来好調を維持してます。

販社側の最新のフォワード実績では下のようになってますね。

固定0.1ロットで1年半で約7000ドル稼いだということは、1ヶ月あたり400ドル弱の稼ぎになりますね。かなりの成績だと思います。ちなみに私の口座の成績はこちら。

損小利大のスイングEAなのにこの勝率、この成績凄すぎません?勝率7割前後といっても、トレーリングストップを使うタイプでもありません。では、何故こんなに勝てるのか?

結論を言うとエントリーが優れているということですね。具体的にはマーケットの急騰・急落のメカニズムを利用した「レート位置分析」を利用して、逆張りでエントリーをするEAになります。

では本EAのマーケット分析方法である「レート位置分析」とはどのようなものでしょうか?

「レート位置分析」とは過去の値動きと現在のレート位置を比較し、どちらの方向のロスカット注文が増加しているのかを分析する独自のマーケット分析方法となります。

この「レート位置分析」によりマーケットが大きく動く方向に先回りで効果的なカウンターポジションを仕掛けることが可能となります。

まさにプロのディーラーの発想と言えます。

トレンド方向に相場が動いていっても、そのまま持続するわけではないですね。トレンド転換や調整が起こり、逆方向に相場が動き出すことがあります。その場合ロスカット注文が発生→売り注文のロスカット=買戻し、買い注文のロスカット=売戻し、となって大きく価格が急騰、急落することがあります。このEAは、このパターンを利用し、「レート位置分析」で先回りして、この急騰、急落の起こるであろう方向にエントリーするというロジックのようです。

もう一つのエントリーの特徴は、時間分散を用いていることですね。デフォルトでは、東京時間最大2ポジション、ロンドン・ニューヨーク時間で最大1ポジションと、分散してエントリ―するようになっています。販売ページによると、このエントリーのやり方が過去のデータ上よかったとのことですね。

またこのEAの分析方法ではほとんどテクニカル指標を用いないそうです。なので、「システム構築の際にカーブフィッティングに陥る可能性が極めて低く、長期に渡り機能しやすい特徴」も持っているそうです。

使っていて思うのですが、EURUSDのスイングとしてはあのBeatrice07以来の優良EAという気がします。ロジックも独特ですし、ポートフォリオに加えておくと、頼りになりますよ。口座フリーでこの価格は、正直割安だと思います。


FOREX SHOGUN(フォレックス将軍)【フリー口座版】

                    

TRADERS-pro【トレプロ】




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , , , , ,