ポンド円のスイング系EA壊滅!今後の方針を見直し・・

      2017/04/17

今の相場はEAを使ってトレードしている者にとっては厳しい相場ですね。この3月はこれまでEAを使ってトレードしてきた中で、一番厳しい月になったのではないかと思います。

特に厳しい状況に陥っているのは、ポンド円を中心としたスイング系のEAたちですね。私のリアル口座の実績は来月公開するとして、今の段階でいかにこの種のEAたちが苦境に陥っているか私も保有しているEAの中からポンド円の代表的なスイング系EAについてfx-onのフォワードで確認してみるとこんな結果が・・・。

GSP-FLOATING system

WSC-black(GBPJPY)

波乗りBREAK (GBPJPY)

Forex Kaiser(IronWolfNextEditionのアグレッシブ版)

SEA Break

昨年私のEAたちの中でも大活躍してくれたポンド円のスイング系EAたちですが、今年に入ってこういう状況になってしまっています。3月(30日現在)はこの5つのEAだけで、フル稼働なら約6700pipsのマイナスです。これまで、これらのEAに頼ってきた部分もあったんですが、これほどことごとく負けているというのはたぶん初めてではないかと思います・・・。

しかしあらかじめ断っておきますが、ここに並べたEAはどれも非常に優秀なEAだという認識には変わりないです。相場によって勝つときもあれば、負けるときもある、それがEAです。結局のところ、EA(=エントリーから決済までやってくれるロボット)と言っても、ツールなんですよね。全自動だから全部任せっきりにしておいていいわけではなく、あくまでトレーダーの裁量によって稼働させたり止めたりしないといけないツールです。ですから、このグラフと同じような結果になっているトレーダーがいるとしたら、それはEAのせいではなく、その人のトレードスキルがそのまま結果に表れているということなんですよね。

などと偉そうに言っている私も、思いっきりやられてしまいました・・・。トランプ大統領の就任や、FRBの利上げ、ヨーロッパの選挙などで、ある程度トレンドが出て、ポンド円のスイング系EAにとっても良い状況になるかと踏んでいたんですが、2月以降はスイング系EAにとって好都合な相場環境が到来しないまま来ている感じです。結局止めるのが遅くなって割と大き目の損失を出してしまった後で、ようやく3月中旬になってほとんどのポンド円スイング系EAの稼働を止めました。

それにしても、いずれのEAも今年は似たような成績の推移ですね。どれもテクニカル指標がベースになってエントリーするトレンドフォロータイプのEAだと思いますので、ある程度成績が似通る部分はあるのかなとは思いますが、逆張りでエントリーしようがブレイクアウトでエントリーしようが、手法の如何に関わらずことごとくやられてしまっているところに、今の相場の難しさがありますね。

ポンド円の日足()を見てみると、今年になって緩やかな下降トレンドではあるんですが、明らかに昨年なんかと比べると価格のレンジが狭くなっています。しかもどんどん狭くなってきて三角持ち合いのような形になっています。先日イギリスのメイ首相がEU基本条約(リスボン条約)50条を発動し、EUに対して離脱を正式に通知しまして、何らかの動きが出るかなと思いましたが、相変わらず抜けそうで抜けない感じです。ここで抜けたら大きく動きそうな気もするんですが、フランス大統領選あたりまでこのまま引っ張るんでしょうか・・・。

これまでポートフォリオでは、ポンド円のスイング系EAにかなり頼っていたんですが、しばらくはこのまま稼働停止で行こうと思います。ForexShogunなど調子のいいEAもあるユーロドルと、まださほど損失を出していないドル円のスイング系EAはそのまま稼働していきますが、基本今年になっても勝っているForexAdoreなどのデイトレ・スキャル系などの短期トレンドやレンジに強いタイプのEAをメインにして運用していこうかと思います。トレンドで収益を上げるモデルから、トレンド以外の時でも安定して利益を上げられるようにしたポートフォリオに移行します。勿論大きなトレンドが発生しそうなときには、ポンド円のスイングも復活させますけどね。相場の状況を読んで、タイミングよく投下できるかどうか・・・。

もう募集は終わりましたが、EAを使って運用するファンドのコピートレード(PFPC)がレンジメインで利益を取っていくEAを使い、私のコピートレードの口座(リスクは通常の2倍に設定)では月利20%近くいってるのを見ているというのもありますが、資金もそんなにないので損失ばっかり食らってられないですし、そもそもトレンド相場よりレンジ相場の方が圧倒的に多いことを考えると、方針転換せざるをえないのかなという感じです。トレンドフォロー系のEAについては、タイミング次第で投下していったり稼働を停止したり、切り替えをより意識していこうと思います。全てのEAに言えることでしょうけど、常に半裁量のツールとしてEAを認識しておかないといけませんね。

EAも、これからは一発の収益力よりも、持続的な安定性を第一に考えて選んでいこうと思います。発売以来安定して稼いでくれて、特に昨年後半から絶好調のForexAdoreやテクニカル関係なしで稼働するタイプのForexShogun、2年以上右肩上がりのMB-TradingSystem、あたりを軸にしていこうと思います。期待していたBlackPantherSilverCoyoteなんかも今の相場ではイマイチなのが残念なところです。

以上ちょっと長くなりましたが、4月以降はこんな感じでEAを動かしていく予定です。

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - 自動売買ライフ, その他 , , , , , , , , , , , , , , , ,