何で売れない!?利用者は少ないけど実績を残している良EA① MultiSupportScal

   

前回の記事では1本勝ちが1000本突破したということに関して書きましたが、売れているEAがある一方で、当然ながら売れていないEAもあります。しかも成績が悪いEAだけでなく、成績が良いのに売れていないEAもあります。

しかしそんな状況は、開発者の方にとってもMT4で自動売買をされているシステムトレーダーにとっても不幸だと思います。そこでそんな状況が少しでも改善されて欲しいという願いを込めて、今後「何で売れない!?利用者は少ないけど実績を残している良EA」と題して、そんなEAたちに注目し、ピックアップしていこうと思います。その第1回目はMultiSupportScalです。

MultiSupportScal(利用者数・・・2名(2017年7月12日現在))
マルチタイム・マルチロジックのスキャルピングEA
MultiSupportScal

通貨ペア:USDJPY

手法:スキャルピング

使用時間足:1M

ロジック(商品紹介ページより引用):

H1のMACDでフィルターを掛け、個別にM15またはM5のMACDで
フィルターを掛けたスキャルピングEAを4つ搭載。

H1のMACDによるトレンド判定で
トレンド中は順張り、レンジ中は逆張りします。

両建てナンピンはせずそれぞれのロジックで売買。

勝つ時に大きく利益を積み上げていますね。2年弱の運用期間でリスクリターン率3.55は素晴らしいです。

このEAがいいのは、トレンドが出ていると判定した時はトレンドに追随し、レンジの時は逆張りでエントリーするところですね。0.1ロットで運用している割にさほど大きなドローダウンが出ていないのは、この両方の相場に対応したロジックの切り替えが上手くいっているためでしょうか。

平均利益は1400円弱(14pips)といかにもスキャルなんですが、コツコツドカンタイプではなく平均損失もほぼ同程度で勝率も53%程度。スキャルにしては損切りが早めなところが私的には好きですね。

私が保有している同じEA開発者ウミネコさんのSEA Breakはスイングタイプということで単純に比較できませんが、レンジなどの合っていない相場ではとことん負けますので、その点こういうMultiSupportScalのようなタイプは大崩れが少なくストレスをあまり感じずに運用できそうです。

ただ1分足ということでデモ口座とリアル口座との差異は気になりますね。あとこういうタイプのEAの宿命でスプレッドに左右されるでしょうから、利用される方は狭いスプレッドのブローカーを選択する必要がありそうです。

売れてませんけどリアル口座でもある程度この成績に近いのが残せるようだと買いのEAですね。リアルの成績が公開されることを期待したいです。公開されてリアルで通用することがわかれば、利用者2名ということにはならないと思うのですが・・・。

マルチタイム・マルチロジックのスキャルピングEA
MultiSupportScal

 

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,