気になるEAチェック ORCA/梓弓_USDJPY/スキャルピングドラゴン

   

新しめのEAの中から良さげなEAを紹介します。まずはこちらから。

■通過ペア USDJPY

■取引スタイル デイトレード・スイング

■使用時間足 M30

■最大ポジション数 1

■ロジック等(商品ページより引用)

スパンモデルを用いて、堅実にトレードするEAです。
簡単に言うと下記の5点を大事にしております。

・USDJPY30分足を使用します。

・頭と尻尾はくれてやれの精神で取引します。

・基本的にスイングトレードです。

・簡単利用で、ロット以外の設定が不要です。
※お好みに応じてテイクプロフィットやストップロスの変更もできます。

・スパンモデルを利用してエントリーします。

損小利大の1ポジのドル円スイングEAになります。フォワードは8月初めからの計測でスタートダッシュになってます。

ここでスパンモデルについてですが、私は使ったことありませんが、時々ネット等で見かけることもありますし、ご存知の方も多いと思います。商品紹介ページから引用させていただくと、

※スパンモデル、スーパーボリンジャーバンドはエフピーネット社の登録商標です。

FXトレード歴30年以上のマーフィーこと柾木利彦さんが考案したテクニカル指標です。

スーパーボリンジャーバンドと組み合わせ、さらに8つのポイントを押さえることでかなりの勝率を誇るとのことです。
※詳しく知りたい方は、スパンモデルについて検索してみてください。

一目均衡表に似ている指標ですが、以下のような線で構成されております。

・転換線:当日を含む(過去9日間の高値+安値)÷2

・基準線:当日を含む(過去26日間の高値+安値)÷2

・先行スパン1:(転換線+基準線)÷2

・先行スパン2:(過去52日間の高値+安値)÷2

・遅行スパン:当日の終値を当日を含む26日前の位置に記入

・雲:先行スパン1と先行スパン2で構成される、サポートorレジスタンスになる帯域

様々なシグナルがあるのですが、基本的なルールとしては下記の2つが鉄則です。

・先行スパン1が先行スパン2を上回る:買いシグナル

・先行スパン2が先行スパン1を上回る:売りシグナル

ということのようです。このEAについては勝率は高くなく、バックテストでは4割を切ってます。あまり派手さはありませんが、価格も今のところ安価でスパンモデルを利用したEAというのも珍しいし、1ポジの堅実なドル円の損小利大スイングEAをお探しの方は注目かもしれませんね。TPとSLの推奨値が50と30ということで、どちらかというとデイトレなんでしょうけどね。

スパンモデルを用いて堅実にトレード

 

次はこれ。

■通過ペア USDJPY

■取引スタイル デイトレード

■使用時間足 M5

■最大ポジション数 1

■ロジック等

こちらもドル円の1ポジデイトレEAですね。今年の4月からの運用ですが、御覧のように7月以外は全て月次でプラスと好調です。

ロジック等は非公開のようですが、取引履歴を見るとロングとショートのエントリー日と毎日の決済の時刻に特徴があります。詳細は各自ご確認いただくとして、おそらくゴトー日や仲値公表といった為替相場のイベントに絡む価格変動の特徴を利用したEAのようですね。

こういう為替に関わる慣習というのはそうそう変わらないでしょうから、きっと堅実で大負けの少ないタイプのEAでしょうね。実際フォワード、バックテストとも、リスクリワード比はほぼ1:1ですが若干利益の方が大きく、それでいて勝率は5割を超えていて、安定感があります。最大ドローダウンも10年のバックテストでは500pips程度と小さいです。こっちもORCA同様地味ですが、安価ですし、なかなか良さげなEAですね。ちなみにドル円版ほどではないですが、ユーロドル版もプラスの成績です。

 

 

最後は最近売上ランキングの上位にも入ってきているこちらのEAです。

■通過ペア USDJPY

■取引スタイル デイトレード・スキャルピング

■使用時間足 M5

■最大ポジション数 1

■ロジック等(商品ページより引用)

高収益と低ドローダウンを両立したスキャルピングEA

 

定番のドル円/5分足用のスキャルEAです。
短期間での売買を繰り返すことで
安定的な高収益の実現がコンセプトです。
2005年以降、全ての年で黒字を実現。
2016年は年利+125%を達成しました。
(10万円あたり0.1lotで計算した場合)
通算7000回以上の取引において、
約70%の高勝率を誇ります。
ぜひ他のEAと収益額の差を比較して下さい。

 

ロジックは王道のトレンドフォロー

 

現在のトレンドを瞬時に判断し、
常にトレンド方向にだけエントリーします。
安易な逆張りを避けることで、
高い勝率と収益性を実現しました。
始値でエントリー・イグジットを行うため、
フォワードテストと実際の成績の
ズレを最小化しています。

ということで、このEAはトレンド方向にエントリーするドル円の1ポジデイトレ・スキャルタイプのEAです。コンセプトは「安定的な高収益の実現」ということで、バックテストでしょうけど2005年以降全ての年で黒字を実現しているということで、御覧のような成績になっています(1ロット運用)。

8月末からのフォワード計測ですが、1ポジにもかかわらず、8月、9月とも100pips以上を獲得しています。

勝率は約7割でリスクリワードは3:2程度となっています。独自の撤退モードを搭載しているそうで、12年間のバックテストでは最大DDは636pipsと低めです。ただしこの公開されているバックテストはスプレッドが0.5pipsのもので、コミュニティで公開されている1.4pips版のバックテストではかなりヨコヨコのグラフになっています。このEAを運用する場合はスプレッドには要注意です。AXIORYやTitanFXのECN口座なら問題ないでしょうけどね。取引回数が1日2~3回と多めなので、キャッシュバックも増えそうなEAです。

【高収益×低ドローダウン】12年連続で黒字のドル円スキャル

 

ということで、今回はドル円のEAだけになってしまいました。どれも大崩れしなさそうなEAですし、期待できそうですね。

WhiteBearZや一本勝ちなど優秀なドル円のEAたちにどこまで迫れるか、今後のフォワードの推移を見守りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】




にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,