バージョンアップで復活なるか!?金色の小槌が好調!

   

1年以上前に当ブログで紹介したEA、金色の小槌が、長いドローダウン期間と停滞期を経て、ようやく復活の兆しが見えてきています。9月にバージョンアップをしてかなり性能もアップしているようですが、そもそも今年になってから比較的好調のようです。そこで改めて紹介しようと思います。

御覧のように発売当初はまずまずの出足だったんですが、それ以後大きなドローダウンを経験し、ようやく今年に入ってから上昇傾向となり、8月以降は最高益も更新し、急激に調子を上げてきつつあります。

8月~9月は800pips以上を獲得しており、かなり調子が良いんですが、それ以外の月でも今年は大崩れせずまずまずの成績になっています。

このEAはドル円1分足のボリンジャーバンドを使用したカウンタートレードと、4時間足の移動平均線を使用するトレンドフォローの二つのロジックを用い、レンジとトレンドどちらの相場でも利益を狙っていこうというEAです。

開発者の一寸法師さんによると、カウンタートレードのロジックが成績が悪かったため、今回のバージョンアップで下記の修正を図ったとのことです。

・カウンタートレードロジックは相場によって向き不向きのあるロジックであると思われるため、
過去4週間の成績を見て取引をおこなうよう改善
・カウンタートレードロジックのTP/SLを調整

これによってバックテストはV1.06 からV1.07(最新はV1.08) で下記のように良くなったとのこと。

V1.06

V1.07

 

このように、バックテストではカウンターロジックによって引き起こされたドローダウンの箇所が改善されています。

なかなか最初のバージョンのままで右肩上がりを続けるEAは少ないですから、修正と改善はEAには必須のことかとは思います。

が、成績が振るわない状態が長く続いても、EAとEAを購入した利用者を見捨てずに修正や改善を施してくれる開発者さんというのはあまり多くはないんですよねえ。むしろ売るだけ売って、成績下がってきてもほったらかしっていう開発者や販売者の方が多いような気がします。一度長期の不調に陥ったらその後回復しても売れるようになるとは限りませんからそれもわからなくもないんですけどね・・・。

しかし購入した方からすると、一時的にはゴミと化したEA(失礼)でも、最終的にお宝に変えてくれるのなら、まあこれは許せるかなと思います。投資にリスクは付きものとは言え、高い料金払ってるわけですからね。それにそういう開発者さんだったらその後違うEAを出された場合でもまた買ってみようかなってなりますよね?

そういうわけで、当ブログとしては応援したいEAと開発者様ではあります。

トレンドフォロー・カウンタートレード2つの異なるスタンスのロジックを持った安定収益EA
金色の小槌 | fx-on.com
 

                    

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , , , , , , , ,