新年のご挨拶&今年の運用方針

   

新年あけましておめでとうございます。

当ブログを訪問していただいている皆様、今年も当ブログおよびメルマガをどうぞよろしくお願い申し上げます。

 

というわけで、2018年になってしまいましたね。

まずは昨年のEAの運用状況について簡単に振り返ってみたいと思います。

 

2017年を振り返って・・・

昨年半ばぐらいまでは、全般的にEAの成績は不調でしたねえ。

2016年はポンド円を中心とするスイング系の活躍がありましたので、それを引きずってスイング系EAの比率を高めたまま運用してしまったのが失敗でした。

特に3月のポンド円スイングEAの壊滅後もiDrive_SimpleTrend_GBPJPYや波乗りBREAK GBPJPY簡易版を動かし続けたのは失敗でした。GBPJPYのスイング系はトレンドが発生する年は強いタイプが多いんですが、そうでない場合はやはり弱くなってしまいます。昨年は一昨年のブレクジットやアメリカ大統領選に匹敵するような政治経済的イベントがなく、大きなトレンドがないままだったことがスイング系EA全般の不調となり、運用の足を引っ張ることになってしまいました。

また、Beatrice-07ForexShogunといったEURUSD系のスイングも不調のまま調子を上げてきてくれなかったのは誤算でした。ユーロドルの場合は結構大きめの上昇トレンドが発生しましたが、上記のEAはいずれも逆張りでエントリーするタイプということで、不調に陥ってしまたようです。

しかし他方でスキャル・デイトレ系は調子良いEAが目立ちました。fx-onを見るとねこ博士さんのScal_USDJPYやCYさんの一本勝ちなどの大人気EAを筆頭にほとんどがデイトレ・スキャル系で占められ、しかも勝率が高いというだけでなく、PFが高くドローダウンが長期でも比較的小さい安定感に優れたEAが益々増えてきた気がします。

私の所有しているEAでいうと、WhiteBearZ(one basic)やSilverCoyoteHornetなどのドル円スキャルは、年間を通じて安泰でしたね。

この辺のEAはたまに大きなドローダウンがあっても、それを連続するというようなことをこれまで起こしていません。結果として最大ドローダウンは抑えられたまま、着実にリスクリターン率を増やしています。私は、こういうのが良いEAの特徴だと捉えているんですが、3年を超えて利益を伸ばし続けているWhiteBearZ USDJPYなんかになると、もはや「EAの寿命」は来ずに、このまま右肩上がりを続けるんじゃないかと期待してしまいます。

 

今年の運用方針

昨年1月段階での私のポートフォリオを見ると、デイトレ・スキャル系EAとスイング系EAの比率は約3:1。

そして今現在の比率も約3:1になっています。ただし、スイング系EAとして数えているEAでも、勝率の低いタイプの損小利大スイングEAの運用はユーロドルのBeatrice-07とドル円スイングのtagosaku_adxEA_CraftTrender10、TRADERS-proで利用中のupdraftのみで、後はAvaSwingSytemCycleTrapMACD2_SCAL_GBPJPYなど、リスクリワードがほぼ1対1かそれ以上で勝率が5割を超えているようなタイプのEAになります。

今後はこの比率を4:1ぐらいになるように調整し、スイングタイプのEAを投入する場合でも、なるべく大きなドローダウンを回避でき、損益比率1:1以上かつ勝率5割以上のEAを投入しようと考えています。

昨年の失敗もあるので、なるべく市場のテーマによるトレンドの有無にとらわれないタイプのEAを中心とした運用に切り替えつつ、毎月確実に計算したpipsを稼げるポートフォリオで運用し、少しづつロットを増やしていく複利運用で勝負する、まあそんなところでしょうか。

あとは過去2年は病的なEAコレクターとなってしまいましたので(笑)、なるべくTRADERS-proGemTradeで優秀な無料EAを利用して、EA購入のための出費を抑えたいところです。

昨年は自分なりに自動売買のレポートを作成したり、メルマガで講座を実施したりしたため、ようやくEAの選び方からリスク管理を含めた自分なりの運用方法が自分の中で固まってきた感じです。

自動売買FXトレーダーの皆様には言うまでもないことかもしれませんが、重要なのは勝てるEAを選ぶことと、ロット管理(資金管理)の徹底、この二つではないかと思っています。

遅ればせながら昨年後半からはエクセルなんかを使ってロット管理を厳しくするように心掛けてますし、レポートでも公開している通り、EA選びにもかなりこだわっています。特にロットの管理についてはドローダウンを抑えて長期運用を成功させるためにも、利益を大きくするためにも必須の技術になってきますので、今後もより徹底していきたいところですね。

 

まとめ

そういうわけで、なんだかグダグダ書きましたが、今年の私のFX自動売買の運用方針をまとめると、

 

①デイトレ・スキャルEAの重視

②ドローダウンの低いEAの重視

③無料EAサイト(IB)の有効活用

④ロット管理の徹底

 

というところになります。

まあ②と④なんかは特定の年だけやればいいようなことではなく、FX自動売買にはいつでも必要なことでしょうけどね。

ということで、今年もFX自動売買を確実性の高い「資産」にし、皆様の資産運用にも貢献できるよう奮闘していく所存ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    

TRADERS-pro【トレプロ】

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

 - 自動売買ライフ, その他 , , ,