自動売買その他 ブローカー

【緊急】AxioryのBitwalletとの契約解除をどう考えるか

更新日:

既にBitwalletのユーザーの皆様には2月11日付のメールで通知があったと思いますが、Axioryとの契約を2月一杯で解除することをBitwallet社が発表しました。

この発表自体も昨年末にAxiory側が国内銀行による入出金の停止とその代替手段としてBitwalletの利用推奨をアナウンスしていたばかりでしたので驚いたんですが、何よりBitwallet側が下記のように強い調子で注意を呼び掛けていることに驚かされました。

同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。 当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。

これに対しAXiory側も自社サイトで下記のような発表をし、Bitwallet側の発表について「銀行取引停止処分等は受けていない」という反論を行っています(メールでも同内容を通知)。

Bitwallet社との提携の終了につきまして

Bitwallet社からの「AxioryGlobal社との契約解除について」なるニュースレターをお受け取りになり、弊社へもお問い合わせを頂いております。 弊社は、Bitwallet社との業務提携を2019年2月28日をもって終了いたします。

ですが、Bitwallet社によるニュースレターにございます 「2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。」つきまして、情報の正確性を欠くものでございます。

昨年末に、Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了したこと(Sparkasse銀行はこの決定を公表しております。)に伴い、業務提携を円滑に終了いたしました。銀行取引停止処分等は受けておりません。

AxioryとBitwalletとの間に何があったか一ユーザーとしては知る由もないわけですが、この件について業界内部の事情に詳しいTariTaliさんのサイトを見ると、次のような見解を公表されています。

bitwalletがAXIORYを妙に敵対視したメール配信となっておりますが弊社としては下記が発生したのではないかと考えております。

  1. bitwalletへ不正な入金(カードの不正利用など)
  2. AXIORYへ資金を送金
  3. bitwalletがAXIORYへ返金要求を行うが既に出金済みなどの理由で拒否
  4. bitwalletがAXIORYとの契約を停止

そもそもイープロテクション(bitwallet)はただの資金移動業者のはずですが、なぜAXIORY利用者以外(AXIORYへの入出金を行なったことがない利用者)にもこのような通知を行なっているのかが不明です。

bitwalletはgemforexやis6comなどの無ライセンスブローカーとも提携を行なっておりますが、これらを考えると「ブローカーの資金保全体制が危険なので取り扱いを停止する」という方針ではないことは間違いございません。

個人的な意見としては海外FX業者に多額の資金を入金することはおすすめできません。(取引に必要な最低限の資金を入金されることをおすすめします)

bitwalletが使えなくなることは非常に不便になり、今回の件で不安になられた利用者は他ブローカーへ移行されることをおすすめしますが、一概にAXIORYが危険であるということではないように思えます。

また、Twitterを見ていたらこの件で「すぐに資金を引き出さないと・・・」といった内容のツイートも当然多く見られましたが、他方で下記のようにAxiory側の発表を裏付けるような記事情報を流されている方もいました。

上のツイートの元ネタになっている記事は12月12日付ですが、この記事を読むと、(Axioryのメインバンクである)「Sparkasse銀行はユーロ以外の支払いを特定のセクターに制限することを決定した」と同行のリスク部門の責任者のDominic Fisher氏が述べたと書かれています。

この「セクター」からFXブローカーが除かれているかどうかまでは分かりませんが、そうだとするとAxioryはSparkasse銀行に業務停止処分を受けたというよりは「昨年末に、Sparkasse銀行がユーロ圏外の金融機関へのサービスの終了したことに伴い、業務提携を円滑に終了いたしました」というAxiory側の発表とも符合します。

勿論Bitwallet側の見解が正しいということもありえます。一応断っておきますが、現段階で軽々にどちらが正しい間違っていると結論づけるつもりもありませんし、この記事を読まれている方をどちらかの見解に誘導する意図も勿論ありません。

ただAxioryユーザーの方はこの状況を踏まえ、それぞれご自身の情報と判断に基づいて自己の責任の上でどう対応するか判断する必用のあるケースではないかと思います。具体的には早急に出金するか、静観してAxiory側の発表を待つかどうかというところですね。

なおAxiory側は上記のアナウンス内で、ユニオン銀行 (リヒテンシュタイン公国)およびDoha銀行(ドバイ)と提携を開始し、ユニオン銀行との提携に伴い自動ID認証システムJumioを導入し、Jumio登録者はユニオン銀行内で資金が保全されることになる旨を発表し、「月末までには、お客様がより効率的に資金移動が行えますよう、複数の入出金方法を兼ね備えた決済会社や、国内銀行送金が可能なペイメントサービスの導入も発表予定」としています。

これまでAxioryをメインブローカーとして利用してきた身としては、Axioryはスプレッドも狭く使いやすいブローカーですので、今後もこれまでと変わりなく利用できることを希望します。

しかしBitwalletの利用が2月末までに限られていますので、できるだけ早く新しい入出金のスキームを発表していただきたいと思うところです。

※bitwalletのほか、bitcoin、クレジットカード、海外銀行送金(個人口座)については引き続き利用可能です。

なおこの件は私を含め海外FXを利用するトレーダーにとっては重要なニュースかと思いますので、また続報が出ましたら当ブログでも記事をアップしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

Copyright© 自由な生活を実現するためのFX自動売買 , 2019 All Rights Reserved.