2021年 EA評価ランキング

2021年のEA評価ランキング年間ベスト20!

順位 EA名称 短期(1年)
収益率 PF RF
1 ナンちゃんピンちゃんユーロポン 56.97% 3.30 2.72
2 アラウンドフィフティ 44.39% 2.25 5.99
3 Legato USDJPY 47.61% 2.01 5.60
4 ChallengeScalMorning V GBPCAD 28.38% 3.00 5.12
5 天狗 -てんぐ- AUD/JPY-ALL- 27.55% 4.45 4.34
6 KUNAI_USDJPY 35.26% 2.49 4.06
7 KUNAI_EURAUD 12.79% 6.00
8 スマートベア 27.82% 2.97 3.59
9 MT5-TRIPLE-POWER 52.65% 1.67 3.28
10 デュアル・キャスト 46.96% 1.44 2.42
11 EA_CraftTrender12 23.22% 1.89 3.94
12 HOMELINK 24.55% 1.75 3.40
13 Hornet USDJPY 17.18% 2.08 3.89
14 AMA_EURUSD 24.48% 3.01 1.15
15 AI Rig 03(サード) -EURJPY M15- 27.96% 2.62 1.04
16 3本の矢 34.80% 1.30 2.11
17 ComeBack EURUSD 12.15% 2.22 2.57
18 White Bear Z USDJPY 11.25% 5.17 1.51
19 EA 一陽来復 GBPNZD 20.56% 21.64 0.61
20 煉獄 31.58% 1.27 1.36

※2022年1月2日時点でのGogoJungle提供のデモ口座フォワードデータをもとに集計しています。

当ブログで毎月GogoJungleのEAを対象に発表している「EA評価ランキング」。

長期(1年以上の全期間)で一定の成績を残したEAの中から、さらに直近6ヶ月の成績を加味して選び出していますが、今回は同じく長期で一定の成績を出しているEAの中から、2021年1年間だけに絞ってベスト20までのランキングを算出しました。

これ2020年もやりましたが、各指標ごとのランキングポイントの合計で順位を出すと同順位のEAがいくつか出てきましたので、今回は同順位の場合は収益率の多いEAを上位としました。

 

1位はナンちゃんピンちゃんユーロポン

最大ポジション数が3という比較的低リスクのナンピンマーチンEAですが、10月以外は全勝で、デモ口座だけでなく管理人のリアル口座(EA-BANK版)でも大きな含み損もなく勝ち続けての素晴らしい成績でした。

2位はゴトー日狙いEAのアラウンドフィフティ

実需要因に着目したEAが増えてきて、好成績を残してきているEAも多いですが、このEAは2年以上のデモフォワードで緩やかに右肩上がりを続けてきた中で、今年11月以降に急激に利益を増やしてEA評価ランキングでも上位にランクインしてきています。

高価格ですが、通貨ペアフリーですので、ドル円だけでなく、他の通貨ペアも合わせて運用できるのであれば、試したくなるところかもしれません。

3位のLegato USDJPYは2020年は特に後半イマイチでしたが、昨年は本領発揮でデモフォワードでは50%近い収益率でした。

管理人のリアル口座では6月から運用を再開しましたが、デモ口座以上に優秀な成績で後半利益を上げ続けてくれましたし、勝ち負けを繰り返しつつも損小利大でじわじわと利益を増やしてきてくれる良EAだと思います。

4位には管理人のEA、ChallengeScalMorning V GBPCADがランクインしてくれました!

他の優秀なEAを抑えて上位にランクインできたのは我ながら嬉しい限りです。

前半は2020年同様好調で、後半取引量も減って停滞気味でしたが、12月は復調してくれました。

5位は天狗 -てんぐ- AUD/JPY-ALL-

人気のナンピン・マーチンジャンルで2年近く破綻もなく利益をあげ続けていて、成績も申し分ないEAです。

豪ドル円専用でニッチですし、現段階で利用者が一人しかいないのが不思議です。

 

ということで、1位~5位を簡単に見てみましたが、2021年も色々なタイプのEAがランクインし、ランクインしたEAの対象通貨ペアについても2020年より数が増えました。

そんな中でも1年を通じて10円以上の値幅で上昇してきたドル円のEAがランクインの過半数を占め、やはりトレンドに乗った通貨ペアのEAは強いなというところです。

特に3位のLegato USDJPY、9位のMT5-TRIPLE-POWER、 10位のデュアル・キャスト、11位EA_CraftTrender12、12位HOMELINK、20位の煉獄と、いずれもドル円の損小利大のデイトレ、スイングタイプのEAで、トレンド相場で利益を大きく伸ばしています。

これまで年間ランキングではドル円の早朝エントリータイプのEAが多くランクインし、今回も6位KUNAI_USDJPY、13位Hornet USDJPY、18位White Bear Z USDJPYがランクインしましたが、2021年はドル円やクロス円のデイトレ、スイングタイプのEAの中に活躍するEAが目立ちました。

その他上記ドル円損小利大EAの一つですが、9位のMT5-TRIPLE-POWERはMT5専用EAである点が注目されます。

MT5のEAもじわじわと増えつつあるものの、まだまだMT4と比べたらかなり数は少ないわけですが、使用できる時間足も標準搭載のインジケーターも多いですし、今後MT4では作れない優秀なEAの登場も期待できます。

それからナンピン系のEAは2020年は一つしかランクインしてませんでしたが、2021年度は1位のナンちゃんピンちゃんユーロポンをはじめ5つランクインしています。

そのほとんどが2年以上の間ほとんど月次では負けなしで利益をあげ続けているわけですが、これだけ長期で勝てるんなら、大きなドローダウン(場合によっては口座破綻)の前に出金して勝ち逃げする余裕もありそうです。

ちなみに2年連続でランクインしたのは4位のChallengeScalMorning V GBPCAD(2020年は3位)、6位のKUNAI_USDJPY(同10位)、10位のデュアル・キャスト(同18位)、14位のAMA_EURUSD(同1位)の4つだけ。

前年好成績でランクインしていても、2021年度は損失を出したり、最高益を更新できなかったりで、圏外に消えていったEAも多いです。

ですので、昨年勝てても今年勝てるとは限らないというところが、またEA選びの難しいところでもあります・・・。

ということで、2021年度のランキングを見てきましたが、いかがだったでしょうか?

全体的には2021年はEA向きの相場だったように思いますが、2022年もそんな相場になって、優秀な成績を収めるEAが続出してくれるのを期待したいですね。

 

 

 

 

© 2022 自由な生活を実現するためのFX自動売買