国内EA

【気になるEAチェック】大連チャン DaiRenChan

最新のフォワード成績はこちら

5通貨ペア([USDJPY・EURUSD・AUDUSD・GBPUSD・XAUUSD])に対応したユニークな二つのロジックから成るEAです。

当ブログ直近での短期EA評価ランキングでは15位にランクインしており、ここ半年間の収益率は50%(複利運用)を超えています。

ユニークな二つのロジックについてですが、どちらもインジケーターを使用せず、「非常に強いトレンド時に順張り」するとのことで、以下のようなロジックになっています(販売ページより引用)。

①ローソク連チャン 一定期間の上昇・下落に相当幅があり、その中のローソク足が陽線・陰線の片方に集中。

②キョ〜レツトレンド 上昇・下落が一服したものの、大した押目・戻りも見せず、停滞前の高安値を再ブレイク。

・①&②のクローズ共通点 時間制限により、保有期間は最大でも半日程度です。 建値ストップやトレ〜ルの発動で、早期のクローズもあります。

プライスアクションでは連続しての陽線、陰線の出現(スラストアップ、スラストダウン)はその方向への勢いの強さを表すものとされていますが、①は上昇下落の幅も考慮しつつそれを見てからの順張り、②は「大した押目・戻りも見せず」に停滞前の高値安値をブレイクしてからのエントリーということで、なるほど確かにこれは「トレンドダイビングEA」という表現が当たっているようです。

多くのEAが中長期でのトレンド方向を確認しつつ、エントリーは押し目や戻りで入るんですが、このEAはそうではなく順張りでそのまま入る、しかも二つのロジックどちらもそうなのがユニークです。

ただ二つのロジックの相関の高さがどうなのか少し気になりましたが、バックテストを見る限りは比較的きれいな右肩上がりですし問題なさそうです。

ちなみにデモフォワードでは4通貨ペアだけトレード履歴があり、XAUUSDは今のところエントリーがないので設定されてないようですが、値幅の大きいペアなのでこの二つの順張りロジックでどうなるか見てみたいところです。

 

 

 

 

 

投資家の祭典 GogoJungle AWARD 2023

© 2024 自由な生活を実現するためのFX自動売買