2022年 EA評価ランキング

2022年12月のEA評価ランキング(総合/ダイジェスト版)

2022年12月のEA評価ランキング(総合)を公開しました。

【毎月更新】EA評価ランキング

順位 変動 前回 EA名称 長期(全期間) 短期(6ヶ月)
収益率 PF RF 収益率 PF RF
1 1 天狗 -てんぐ- AUD/JPY-ALL- 225.27% 2.64 10.98 77.38% 2.79 3.77
2 何事も負けるが勝ち [ドル円版] 151.90% 1.92 8.56 114.17% 2.34 7.84
3 2 AI Reef 100.79% 6.28 6.82 73.18% 20.51
4 5 AMX USDJPY 146.80% 2.04 6.98 76.61% 2.20 3.64
5 25 コイノボリ 218.85% 1.32 7.18 166.91% 1.68 5.48
6 24 UB_USDJPY 74.39% 1.92 6.69 60.34% 3.09 10.62
7 7 ナンちゃんピンちゃんユーロポン 147.63% 3.77 5.85 26.86% 8.88 3.96
8 HLD_System 129.23% 1.66 4.08 106.82% 2.31 7.45
9 8 AI Rig 03(サード) -EURJPY M15- 157.74% 2.70 6.41 44.25% 2.55 1.80
10 Power_of_Japan 105.75% 1.73 4.81 73.37% 3.10 3.34

※上表は総合評価ランキングのダイジェスト版になります。

※2022年12月4日時点でのGogoJungle提供のデモ口座フォワードデータをもとに集計しています。

※評価方法等詳細は「【毎月更新】EA評価ランキング」のページをご確認ください。

12月のEA評価ランキングは、天狗-AUD/JPY-ALL-が5ヶ月連続で1位となりましたが、急激な円高転換で10円以上ドル円が下落するという暴落相場の中、5つのEAが前回からランクアウトし、代わって同数の新しいEAがランクインしました。

まず10位のPower_of_Japanと6位のUB_USDJPYはいずれも定刻トレード系のドル円EAですが、前者が月後半の円需要増加に絞ったショートオンリーのEAなのに対し、後者はゴトー日を中心にトレードするEAです。

このほか4位のAMX USDJPYも定刻トレード系で、他にもランクインを窺う同ジャンルのEAがちらほらありますので、今回の急激な相場の変化も一部を除いて定刻トレード系にはあまり関係なかったようです。

今回ユニークなEAがいくつかランクインしています。中でも2位の何事も負けるが勝ち [ドル円版]は勝率20%未満というネーミングどおり極端に負けの率の高いEAですが、今年になって急激に利益を伸ばしてきています。たとえ勝率が低くても、感情抜きでリスクリワードをきっちり管理したトレードができさえすれば利益を出すのには関係ないことを示してくれています。

5位のコイノボリは複利運用のデモフォワードで900万円を超える利益となっているEAです。最大ポジション数は2ながら、トレード数が多く毎日のようにトレードしますので、複利運用だと資産を積み上げるのも減らすのも速そうです。

8位のHLD_Systemは3通貨ペアに対応(※通貨ペア制限なし)のデイトレ、スイングEA。ロジックも公開されて良心的な上に、直近半年でも収益率100%越えと絶好調、TPを設定せずトレーリングストップで大きな利確を狙えるのも長所です。

今年も残すとこあとわずかになりましたが、今年はランキング見ても明らかなように、好調なEAだと年間収益率が100%を超えるようなEAもあり、EA運用者にとっては概ねいい年になったのではないでしょうか。

ロボアドなんか見てるとAIが買付からリバランス、ロジックの変更まで行ってくれるような時代なので、それに比べたらFX自動売買は「自動売買」と言いつつ実は裁量トレードに近いのではないかと個人的には思ったりもするんですが、投資経験の浅い人でもやりようによっては通常の裁量トレード以上に大きな利益を出せる可能性があるという点はやはり魅力的なところだと思います。

今の日本はなにかと投資に目が向けられやすい時代状況だと思いますし、もっとFX自動売買やる人が増えてもいいのになと思う今日この頃です。

 

 

 

FOLIO ROBO PRO

© 2024 自由な生活を実現するためのFX自動売買