気になるEAチェック 一本勝ち_EURUSD/Updraft/Angel Heart USDJPY

      2017/08/11

最近気になっているEAを紹介する新コーナーです。って以前もそういうまとめ記事書いたことありましたが、今後も新しめのEAの中から自分が気になっているEAをいくつかまとめて「気になるEAチェック」と称して紹介していきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

さて、まずは今fx-onで一番注目されて一番売れている最新EAですね。といっても誰でも知っているEAなんですが、あの超ベストセラーの一本勝ちにEURUSD版が出たということで、発売されて1週間程というのに、この記事を書いている段階で既に利用者数が50名を超えています。まあ100名まで22,500円と7,500円引きで、その後も段階的に価格引き上げというお馴染みの販売手法なんで、成績がそこそこならこの調子で売れていくんでしょうね。私はというと当分様子見ですが。

一本勝ち_EURUSD | fx-on.com■通過ペア EURUSD

■使用時間足 H1

■取引スタイル デイトレード・スキャルピング

■ロジック等

ドル円版と比較して最大ストップロスを小さくして、取引回数が増えるようですね。下記引用です。

一本勝ち(EURUSD)はマーケット自動察知、トレーリングストップといった一本勝ち(USDJPY)のメインな機能がすべて実装しています。一定のリスクを取り積極的に取引することで利益を獲得していく点は一本勝ち(USDJPY)との主な相違点として挙げられます。また、MM機能が付いており複利効果も期待出来ます。一本勝ち(USDJPY)に加え異なる通貨にて攻めと守りを兼ね備える強靭なポートフォリオの実現でリスクヘッジを図ります。

 

まあまだフォワード計測一週間ですからね。ある通貨ペアでは勝てても他の通貨ペアでは駄目っていうEAはざらにありますからね。やっぱり様子見ですねw。

 一本勝ち_EURUSD
いつか「先輩」のドル円を超えたい 「始発」キャンペーン実施中
一本勝ち_EURUSD

次はこちら。

■通過ペア USDJPY

■使用時間足 M30

■取引スタイル スイングトレード

■ロジック等

戻り売り・戻り買いのスイングトレードで,
トレイリングストップで損小利大を実現します

このUpdraftですが、ドル円版は御覧のように2月から計測中のフォワード実績が絶好調となっています。pipsのグラフには7月が出てませんが、履歴を見ると7月もプラスですね。約半年の運用実績なんですが、トレード回数が21回しかなくて、ということは月平均3~4回程度のトレードということになります。かなりフィルタリングを厳しくして、エントリーを絞り込んでいるんでしょうけど、ポジがないと不安なんていうスキャル好きやポジポジ病の人には受けが悪いEAかもしれませんねw。しかしドル円版以外にも、ユーロ円版ポンド円版が販売されてまして、今のところいずれも出足好調でプラスですし、注目のEAなのは間違いないです。ちなみにこのEA、キャッシュバックなしでよければTRADERS-proで「無料」で利用できますので、こちらで利用するのもいいかもですね。

Updraft

 

さて最後はこちら。個人的には最近一番注目しているEAでもあります。

■通過ペア USDJPY

■使用時間足 M15

■取引スタイル デイトレード・スキャルピング

■ロジック等

☆★EAの特徴★☆

・USDJPY15分足を使用します。
・エリオット波動論に基づき、第3波を狙ったトレードをします。
・修正波ではエントリーしないように設計しているので、トレンドフォロータイプに多い、調整時にドカンと負ける事は本EAでは発生しにくいです。
・思惑通り行かなかった場合は撤退モードにて損失を最小限に抑えます。
・エントリーはローソク足が確定後に行いますので、公式フォワードとはかけ離れた結果にはなりにくいです。

このEAはこの記事書いている現在で販売されてから1ヶ月程度しか経っていないんですが、6月、7月プラスと出足好調となっています。まず第一の注目点は、エリオット波動をベースにトレードするという点です。エリオット波動を利用したEAというのはこれまでもあったのかもしれませんが、私はこれまで寡聞にして知りません。

エリオット波動は突っ込んで勉強するとかなり難解な理論のようですが、有名なのが相場は下記のような波動のパターンで動くとされる主張です(図は商品説明のページより引用)。数字の部分がトレンド発生の「推進波」で、アルファベットの部分が調整にあたる「修正波」、この二つの部分からなる「インパルス波動」が、エリオット波動論が唱える相場が動くパターンになります。

そしてこのEAは上図の数字の3のところ、いわゆる「第3派」のところで利益をとりにいくことを狙います。要するに一番利益が出安いところで利益を狙おうというわけです。しかも開発者のエンジェルさんによると、図のアルファベットの部分の「修正波」ではエントリーしないよう工夫されているため、よくある押し目でエントリーするトレンドフォロータイプのEAが陥りがちな調整で損失を食らうということが、このEAでは起こりにくいということです。例えば雇用統計のように大きく相場が変化するようなところではエントリーしないとのことなので、稼働を停止する必要もないそうです。

さて第二に注目するところは、高勝率とリスクリワードのバランスです。現段階でfx-onのフォワードでは8割弱の高勝率ですが、バックテストでも74%の勝率となっています。リスクリワードは約2:1と損小利大ではありませんが、スキャルタイプのEAにしてはバランスがとれた比率だと思います。それに思惑通りに行かなかった場合は撤退モードで損失を最小限に抑えようとするそうなので、守りも固い印象です。このトレードがリアル口座で再現されるなら、かなりストレスフリーでいけそうですね。

そして最後に注目する点は、fx-onで公開中のフォワードとは別に、Myfxbookでデモ口座のフォワードの状況を公開(下のチャート)している点です。fx-onのデータは6月以降のものですが、Myfxbookの方では今年1月からのデータを公開中です。欲を言えばリアル口座で公開して欲しかったところですが、それでもfx-onのデータでは気付かない詳細なデータがわかりますので、このEAに興味がある人にとっては大変参考になると思います。今までもMyfxbookでデータを公開する販売者さんはいらっしゃいましたが、これは是非慣例になって欲しいですね。

というわけでこのEA、やはり欲しいと思った人は少なくないようで、10名までは10,000円だったんですが、あっという間に10名売れてしまったようで、既に15,000円に値上がりしています。今後も好調が続くならかなり売れていきそうな勢いなんですが、果たして15,000円のままでいくんでしょうか!?


エリオット波動論に基づいた高勝率EAです!
Angel Heart USDJPY
Angel Heart USDJPY | fx-on.com
 

                    

 - EA紹介, 国内EA , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,