EA Builder

EA-BANK バックテスト検証 無料EA EA-BANK

【バックテスト検証】Nanpinia_EURUSD_M5_V1(EA-BANK)

更新日:

今回はNanpinia_EURUSD_M5_V1(EA-BANK)のバックテストをやってみました。

最近使っているEAの中で一番期待感のあるEAで、GogoJungleの「売れ筋ランキング」で現在2位となっているEAです。

ナンピン・マーチンなのにリスクが限定的で、公開されているバックテストのリスクリターン率も30倍を超えているという、これまでのナンピン・マーチンの常識を覆すようなEAですが、ここでの結果は果たしてどうでしょうか。

【バックテスト条件】

ヒストリカルデータ入手先:Alpari

バックテスト期間:1999年1月1日~2020年8月31日

通過ペア:USDJPY

時間足:M5

ロット:0.04

スプレッド:10(1.0pips)

パラメータ設定:変更なし

公開されているバックテスト(SP15)よりも少し緩くSP10(1pips)で実施しているということもありますが、かなり優秀な成績です。

ほぼ21年間毎年プラスなんですが、今年になってからも月単位で負けがなく、1月を除いて全てプラスという好調ぶりです。

GogoJungleのデモフォワードでは2月に500pips近く獲得し、スタートロットが0.1ロット設定で金額では同月だけで12万円以上稼いでいます。

このEAを見てまず気づくのはトレード数が多いという点。

21年8ヶ月の間でのトレード数は1万6千回を超えています。

ナンピン2~3回までのトレードでワンセットとなることが多いので、トレード数が多くなるのは必然ではあるんですが、もう一つの理由はほぼ24時間トレードしているからというのもその理由でしょう。

下のグラフを見るとほぼどの時間帯にもトレードして利益を上げています。

しかしなんと言ってもナンピンマーチンでありながらこのドローダウンの低さと、リスクリターン率の高さは素晴らしいです。

これEA-BANK版なのでデフォルト設定のスタートロット0.04ロットというのは最大DD10万円以内の設定ということなんですが、QuantAnalyzer上で最大DDは892ドル、含み損ありのMT4のバックテストでも最大DD959ドルということで、21年の間ロット最大時で0.28ロット(=0.04+0.08+0.16)を抱えつつもこの程度のドローダウンに抑えながら、300万円以上を稼いでいるということになります。

20万円もあればこの0.04ロットスタート(最大0.28ロット保有)で十分回せそうですが、直近5年で平均年間で約724ドル程度稼いでますので、月に平均60ドル≒6000円程度、つまり単利でも月利3%、年利36%程度は見込めそうです。

100万円あれば5倍の0.2ロットスタート(最大1.4ロット保有)で回せたとして、月平均30000円、年間36万円稼げることになりますので、3年間で約100万円、収益率100%を達成できる計算です。

ただ2019年はマイナスになっていますし、相場の状況に左右されるのは他のEAと同じですので、あくまでこれは計算上の話です。

しかしながらナンピンマーチン系のEAは怖くてほとんど手が出せなかった私でも、2回しかナンピン(最大片側3ポジ)しないリスクの低いこのEAの場合は比較的低資金で運用できています(勿論小ロットですが・・)。

低リスクな上に負けにくくしっかりと稼げるというマーチン系EAの利点も持っている、そこがこのEAの最大の魅力でしょうね。

EA-BANK(無料)版を利用する場合はこちら ※会員登録が必要です。

GogoJungle(有料)版はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 自由な生活を実現するためのFX自動売買 , 2020 All Rights Reserved.