L-TARDE

【L-TRADE】2023年1月の運用成績

EA名 1月の成績 2023年の成績 累計
VictoryBlendPremium_USDJPY -104.5 -104.5 427.5
ChallengeScalEvolutionSE GBPCAD 56.3 56.3 196.8
ChallengeScalEvolutionSE EURCAD -17.9 -17.9 467.3
ChallengeScalEvolutionSE AUDCAD 45.5 45.5 286.3
定刻Ⅰ -241.8 -241.8 155.6
定刻Ⅱ -89.7 -89.7 291.7
定刻Ⅲ 53.0 53.0 6.2
合 計 -299.1 -299.1 1831.4

※単位:pips

※計測期間

①VictoryBlendPremiun_USDJPY
→2021.10.28~

②ChallengeScalEvolutionSE GBPCAD
2022.2.25~

③ChallengeScalEvolutionSE EURCAD
2022.3.21~

④ChallengeScalEvolutionSE AUDCAD
→2022.5.30~

⑤定刻Ⅰ
→2022.11.3~

⑥定刻Ⅱ
→2022.11.3~

⑦定刻Ⅲ
→2022.11.14~

※全てAxioryナノ口座(リアル口座)/円)、複利運用(リスク1)

 

◎公開中のリアルフォワード

【L-TRADEⅠ】

最新のフォワード成績(REAL TRADE)

最新のフォワード成績(Myfxbook)

【L-TRADEⅡ】

最新のフォワード成績(REAL TRADE)

最新のフォワード成績(Myfxbook)

 

◎L-TRADEについて

L-TRADEの詳細はこちら

L-TRADEの今年最初の月次成績報告です。

その前にL-TARDEで提供中のEAについてですが、CSEV_SEシリーズのCADCHF、GBPAUD、CHFJPYについて提供を停止させていただいていますが、それに伴いフォワードの計測も停止させていただきました。

現在CSEVシリーズと一部CSEV_SEシリーズにつきまして順次バージョンアップを進めていますので、バージョンアップ後のフォワード状況を見て、提供とフォワード計測の再開を検討させていただきたいと思いますので、ご了承ください。

それではそれ以外のEAについて1月の成績ですが、これまで好調に推移していた定刻Ⅰと定刻Ⅱのロジックが、円高の進展に伴い通用しなくなっています。

昨年までは早朝からドル円が円安方向に動いて、仲値発表後から円高方向というロジックどおりのパターンが再三見られましたが、今年1月以降は全く逆のパターンになることが多く、ゴトー日以外にも積極的に攻める定刻ⅠとⅡのロジックが仇となってしまっています。

どんなロジックも合わなくなることはあるので、相場が変わるまでは耐えるしかないところかもしれませんが、特にテクニカル無しでエントリーする定刻Ⅰあたりはドローダウン次第では運用中断も検討に入ってくるかもしれません。

逆に定刻Ⅲの方はエントリーは少なかったものの、しっかりプラスとなりました。

通算でもGogoJungleのデモフォワードはプラス、リアルフォワードはほぼトントンまで戻しています。

CSEV_SEのGBPCADとAUDCADはプラスで、特にAUDCADは最高益更新し続けています。

CSEV_SE EUACADは初めての月次マイナスですが、今月バージョンアップを予定していますので、もう少し取引量を増やしつつ昨年からの好調さを引き継いでいきたいところ。

今後バージョンアップで更に加速していけるかどうか、バージョンアップ後のCESVとCSEV_SEシリーズにご注目ください。

ということで1月は残念ながらマイナススタートです。

ドル円が昨年みたいな一方的な相場にはならないようなので、定刻トレード系に限らず今年はこういうEAが不調となる展開も増えるかもしれませんが、まだ今年始まったばかりなので、2月以降また気を取り直していきたいと思います。

 

 

 

 

© 2024 自由な生活を実現するためのFX自動売買