ChallengeScalEvolutionSE EURCADのご案内

ChallengeScalEvolutionSE EURCADとは?

ChallengeScalEvolutionSE EURCAD(CSEV_SE EURCAD)は、2年以上リアルフォワードで実績を残しているChallengeScalMorning V EURCAD(CSMV EURCAD)の進化版EA・ChallengeScalEvolution EURCADのスペシャルエディションSpecialEdition)版です。

※ChallengeScalEvolution EURCADについては下記を参照ください。

ChallengeScalEvolution EURCADの二つのエントリーロジックに更にもう一つエントリーロジックが追加されたことで、取引回数と利益、およびRF(リカバリーファクター)が大幅にアップした強力なEAとなっています。

 

ChallengeScalEvolutionSE EURCADの特徴

✔2年以上のリアルフォワードで好成績を残しているCSMV EURCADの進化版EA・ChallengeScalEvolution EURCADのスペシャル・エディション版!

✔前作のエントリーロジックを改良した二つのエントリーロジックに加え、第三のマル秘ロジックも追加!

✔決済方法には内部ロジック決済、可変TP、SL、トレーリングストップ、時刻決済を採用。利益を伸ばしつつ当日夕刻までには決済するトレードスタイル!

CSMV EURCADに比べてドローダウンが大きく減少し、取引回数、利益、PF(プロフィットファクター)、RF(リカバリーファクター)が大幅アップ!

✔広めのスプレッドでも優秀なバックテスト成績となる高スプレッド耐性!

✔ロジックごとのオンオフが可能(SE版のみ)!

 

基本データ

CSEV_SE EURCADの基本データは次の通り。

対象通貨ペア EURCAD
使用時間足 5分足
取引スタイル スキャルピング、デイトレード
最大ポジション数 3 ※各ロジック最大1×3
エントリー曜日 月曜~金曜
エントリー時間帯 日本時間早朝5:00~8:00
TP 可変  
最大SL(初期値) ロジック1:60pips、ロジック2:70pips、ロジック3:70pips
その他 内部ロジック決済、トレーリングストップ、時刻決済あり

 

バックテスト

以下はChallengeScalEvolutionSE EURCADのバックテスト結果です。

精度の高いTDS(TickDataSuite)を使用した0.1ロット固定、スプレッド30(3pips)での17年間のバックテストにおいて、取引回数4172回、利益2139747円、最大ドローダウン49796円、PF(プロフィットファクター)1.83、RF(リカバリーファクター)42.97という優秀な成績となっています。

 

こちらは年度ごとの損益(単位/円)。

年単位で全てプラスとなっており、直近でもしっかりと利益を出しています。

長期バックテストにおいても年単位で全てプラスとなっており、直近でもしっかりと利益を出しています。

 

CSMV EURCAD・CSEV EURCADと比較

CSMV EURCADは、下記のように2年以上の期間に渡って比較的安定してプラス推移を続けています。

以下はこのCSMV EURCADおよびCSEV EURCADと同一条件でバックテストを行った結果の比較です。

バックテストにはTDSを使用し、固定0.1ロット、スプレッド30(3pips)、2004年10月~2021年12月の期間で実施しています(共通)。

CSMV EURCAD CSEV EURCAD CSEV_SE EURCAD
取引回数 2806回 2798回 4172回
利益 1163067.90円 1161242.33円 2139747.51円
最大ドローダウン 76070.08円 40062.09円 49796.06 円
勝率 57.20% 70.34% 72.36%
PF 1.77 1.68 1.83
RF 15.29 28.99 42.97

CSMV EURCADと比較すると、CSEV EURCADはドローダウンがより小さくなって利益はほぼ変わっていないため、長期的に安定して利益を上げていくために必要とされるRFの数値も格段によくなっています。

そしてCSEV_SE EURCADは取引回数、利益、PF、RFでCSMV EURCAD、CSEV EURCADを圧倒しており、CSEV_SE EURCADに追加されたもう一つのロジックがいかに強力に機能しているかがわかります。

 

リアルフォワードを公開!

CSEV_SE EURCADは開発者のリアル口座でも運用し、日々の取引結果を公開中です。 


※2022年3月21日より計測スタート(AXIORY/ナノ口座/JPY)

※「L-TARDE」のフォワード公開用口座で複利(リスク1)による運用となっています。

さらにMyfxbookでも公開していますので、興味ある方はREAL TRADEと併せてこちらもチェックしてみてください。
https://www.myfxbook.com/members/libetac/csmv-free/3912704

リアル口座での運用結果は、当EAの真の実力を測る上で最も必要なデータだと考えています。

当EAに少しでも興味を持っていただいた場合は、是非リアルトレードでの運用成績をご確認ください。

 

設定パラメータについて

<設定パラメータの説明>
◎共通設定

サマータイムの種類・・・ご利用のブローカーのサマータイムの種類を指定します(0:なし、1:アメリカサマータイム、2:ヨーロッパサマータイム)。

サーバーGMTシフト(冬時間) ・・・サマータイムありの場合、ブローカーの冬時間における「GMT+α」値を指定してください。

固定ロット・・・固定ロットで運用する場合のロット数を指定してください。

複利設定・・・複利機能を利用する場合には「True」にしてください。※デフォルトでは「False」(固定ロット0.1ロットの設定)になっています。

リスク値(%)・・・複利運用を行う場合はリスク値を指定してください。余剰証拠金のうちリスク値で指定した数値(「〇」%)で保有できるロットを計算し、注文を行います。

許容スプレッド(pips)・・・指定した数値より大きい値のスプレッドの場合は、エントリー注文を行いません。

許容スリッページ(pips)・・・指定した数値より大きく滑って発注予定価格から乖離した場合は、エントリー注文を行いません。

◎ロジックごとの設定 ※各ロジック共通

ロジック使用の有無・・・そのロジックを使用する場合は「True」(初期値)、使用しない場合は「False」を指定してください。

マジックナンバー・・・マジックナンバーを指定してください。他のEAと同じ口座で運用する場合は、注文が被らないよう別の番号を入力してください。

最大ポジション数・・・最大ポジション数(初期値1)

最大ストップロス(pips)・・・最大ストップロス

コメント・・・EAが注文や決済を行った際に表示されるコメントです(変更可)。

 

必要資金と運用ロットの目安

あくまで目安になりますが、バックテストにおける最大ドローダウンを考慮した場合の運用に必要な口座資金および運用ロットは、およそ以下の通りです。

10万円・・・0.1ロット

100万円・・・1ロット

 

ご利用条件

※「L-TRADE」版EAとして専用口座を開設いただいた方に無料配布中です!

L-TRADEの詳細はこちら

 

 

 

 

© 2022 自由な生活を実現するためのFX自動売買