バックテスト検証

【変動SPバックテスト検証】Atlas_FX_EABANK

はじめに

冒頭からすみません、前回の「変動SPバックテスト検証」で設定に間違いがありましたので、再度やり直して記事をリライトさせていただきました。

記事読まれた方、間違っててどうもすみませんでした・・。

 

さて、変動SPによるバックテスト検証の2回目は、EA-BANKでも「利益ランキング」で常に上位に入っているAtlas_FX_EABANKです。

このEAは管理人ももう2年以上運用しているユーロドルのスキャルピングEAなんですが、デイトレ、スイングEA中心で回している中では貴重なスキャルピングEAの戦力です。

EA-BANKで公開されている固定スプレッド(1.5pips)でのバックテストでは、ドローダウンも非常に小さく、RFは50近い数値になっていて超優秀なんですが、果たして変動スプレッドではどういう結果になるんでしょうか。

 

バックテスト条件

期間 2003.05.05 - 2024.04.30
通貨ペア EURUSD
スプレッド 変動スプレッド
ヒストリカルデータ デューカスコピー
口座 USD
ロット 0.1ロット
TDS設定 ※GMTオフセット+2 DST(夏時間)アメリカ

 

バックテスト結果

取引回数 4111回
純益 12400.16ドル
最大ドローダウン 324.57ドル
勝率 76.33%
PF(プロフィットファクター) 1.96
RF(リカバリーファクター) 38.20

 

感想

最大1ポジですが、取引回数が約21年間で4111回以上ということで、年間約196回、月に約16回の取引がある計算です。

この豊富な取引回数を持ちつつ、ナンピンでもないのにPF1.96、最大ドローダウンはわずか324.57ドル、RFは40近い数値になりました。

このバックテストを見る限り、やはり極めて優秀なEAだと思いますね。

あと気付いたことですが、早朝の取引が多いEAだとは思ってましたが、データ上やはり日本時間の朝の取引が多いですね。

 

それからEA-BANKの紹介ページにも「主に買い方向でトレードするのが特徴」とあるとおり、ポジション的にはロングが76%ということで、かなり偏りのある取引傾向になっているようです。

 

残念ながら、今年に入ってからはドローダウンが起こってて停滞気味なんですが、この結果からも分かる通り優秀なスキャルピングEAだと思いますので、また復活してくれるのを待ちたいところです。

 

 

 

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

© 2024 自由な生活を実現するためのFX自動売買