EA紹介 国内EA

長期安定運用が期待できる低ドローダウンEA!Revolver USDJPY

更新日:

あのHornetUSDJPYの開発者SHUさんの新作EAが出ました。

Hornetと言えば、私は2016年7月から運用を開始しましたが、ここまで毎年利益を出しているEAです。

なので今回の新作もかなり期待しています。

 

【フォワード成績】

最新のフォワード成績はこちら

 

【基本データ】

EA名称 Revolver USDJPY
通貨ペア USDJPY
取引スタイル スキャルピング

デイトレード

スイングトレード

最大ポジション数 2
使用時間足 M5
最大SL 40
TP 30
備考

内部で、ロジック毎に異なるストップロスとテイクプロフィットを設定してあります。

 

【ロジック等】※GogoJungleの商品紹介ページから引用

USD/JPY 5分足専用のEAです 複数ロジックを搭載することで売買を高頻度化し、 長期間に渡って使用できるようにテストを繰り返しました ※ナンピンやマーチンゲール等のロジックはありません

 

【バックテスト】

 

今回のEAは複数ロジックが組み込まれているようですね。それもあってか取引回数が月に30回以上の高頻度のトレードとなっています。

ロジックの詳細は分かりませんが、バックテストを見る限りドローダウンが非常に小さく、利益も平均して毎月80pips以上の稼ぎと2ポジにしてはしっかりと出せているため、約11年間のリスクリターン率も34と非常に高い値になっています。

そういえばHornetもバックテスト上は300pips程度という非常に低いドローダウンでしたが、3年以上経過したGogoJungleのフォワードでは倍の600pips程度のドローダウンとなっています。

それでも6ポジでこの値なので十分低くドローダウンを抑えられていると思いますが、このRevolver USDJPYの場合はポジ数も少なく、リスクリワード比率(=平均利益:平均損失)もHornetほど開きがなくほぼ1:1に近いこともあって、Hornetよりもさらに低ドローダウンでいけそうな気がします。

とりあえずフォワード計測スタートから3ヶ月ほど経過しましたが、その間大きなドローダウンもなく、順調なスタートを切っているようです。

取引頻度が多く、勝率も6割程度で負けも結構あるためPFはそんなに高くないですが、取引が多いとキャッシュバックも増えるし、回復も速かったりします。

もう少しフォワードの推移を見たいところですが、実績のあるHornetの開発者さんのEAということもあって今現在かなり気になっているEAの一つです。

Revolver USDJPY
長期運用を目的としたドル円5分足専用の複数ロジック搭載型EA

長期運用を目的としたドル円5分足専用の複数ロジック搭載型EA

 

 

 

 

 

 

 

 

海外FXキャッシュバック口座開設ならTariTali(タリタリ)

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

Copyright© 自由な生活を実現するためのFX自動売買 , 2019 All Rights Reserved.