自動売買その他 オリジナルEA

今度はカウンターでCSMVのポンド系が犠牲に・・・12月はEAの明暗がくっきり・・・

投稿日:

英下院の総選挙で日本時間の13日早朝に暴騰したポンド系通貨ペアですが、その後強烈なカウンターが発生し、下落トレンドとなっています。

下はポンド円の4時間足ですが、ほぼ全戻しとなってきています。

そしてこの急激なカウンターを受けて、リアルフォワードを公開中のCSMVのポンド系通貨ペア(GBPUSD・GBPJPY・GBPCHF)が最大3ポジでストップロスにかかってしまいました・・・。

せっかく収益率100%まで積み上げていた利益が30%代へと落ちてしまっています・・・。

CSMVのポンド版をご利用中の皆様、大変申し訳ございません。

言い訳するつもりはありませんが、、長期トレンド方向からの急な戻しには弱い傾向のあるEAですので、特にポンド系CSMVをご利用の場合は一旦稼働を停止してもいい時期かと思います。

ただバックテスト上の最大ドローダウンにはまだ遠いですし、今後もこういう損失の発生は十分考えられますので、もし今後もご利用の場合は十分ロット調整に気を付けていただければと思います。

ちなみに公開フォワードの口座資金は複数EAの最大DDからすると、本来は5万円ほどは必要かと思いますので、今後増額も検討するかもしれません。

またこれを受けてカウンター対策のフィルターの追加も検討中で、特にポンド系についてはエントリー数とどちらを優先するかよく考えてみようと思っています。

 

12月になってEAによる明暗がはっきり分かれてきています。

ポンド系ではないんですが、売れ筋ランキングの人気EAの中にも調子を崩すEAがちらほら出てきています。

かと思うと先日ご紹介したこちらのEURGBPのEAはその後カウンターによる上昇でも大きな利益を獲得して絶好調を維持、人気も上昇中です。

FX自動売買トレーダーにとっては難しい時期となっていますが、EAごとに稼働するか停止するかを検討し、迅速な対応で12月を乗り切りたいところです。

 

 

 

 

Volatility Factor 2.0

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

Copyright© 自由な生活を実現するためのFX自動売買 , 2020 All Rights Reserved.