EA紹介 国内EA

【長短好調EA】今年負けなし!ラスト侍EURUSD_5分足/Past Current System/勢いに乗るっす

投稿日:

最近は「気になるEAチェック」で割と新しめのEAばかり紹介していますので、今回はそれとは別に「EA評価ランキング」の対象になるような長短好調のEAの中から、今年になって月単位で負けのない次の3本を取り上げてみました。

最新のフォワード成績はこちら

このEAは5つのロジックからなるユーロドル専用のEAで、どちらかというとデイトレ、スイングタイプのEAのようです。

昨年2月にも「3年以上のフォワードで優秀な成績を残しているEA」としてブログ記事でとりあげていましたが、あれから1年以上経過して今なお好調を持続しています。

あの頃は利用者数もかなり少なかったですが、今は40名以上に増えてますね。

PF、RR、収益率ともに申し分のないフォワードの成績ですし、まだまだ売れていておかしくないEAだと思います。

それにしても何で「ラスト侍」がフクロウなんでしょ?

 

最新のフォワード成績はこちら

このEAはドル円専用のデイトレ、スキャルタイプのEAで、「過去のデータを分析し、押し目、戻り売りを狙った取引」をします。

ゴゴジャンに出品されているEAを対象とした当ブログの2019年度EA評価ランキングで10位に入るなど、昨年は年間を通して好成績でしたが、御覧のように今年になってからも勢いが止まりません。

特徴的なのはフォワードにも既に現れてきていますが、そのリスクリターン率の高さ。

約19年間のバックテストでリスクリターン率は約40になっています。

リスクリターン率の高いEAでなおかつフォワードで再現性のあるEAなら、ドローダウンが発生してもそこからの回復力が速く、右肩上がりになる可能性が高いです。

フォワードでもバックテストの成績を十分再現できてますし、今後も期待が持てるEAです。

 

最新のフォワード成績はこちら

こちらは既に500名以上が利用中という人気EAですね。

3通貨ペア(USDJPY・EURUSD・GBPUSD)で運用することが前提で、ほぼ毎日トレードを行いますので、トレード回数が少ないのが我慢ならないという方にも向いてます。

バックテストにしろフォワードにしろPFはそれほど高くないんですが、このEAも3通貨ペア合成でのリスクリターン率は30近くに達してますし、しかも変動スプレッドでその結果なのが凄いです。

今現在もフォワードの成績は決して悪くないんですが、バックテストの約82%の勝率に比べるとやや勝率が低めなので、さらに調子が上がっていく余地はあるのではないかと思います。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ

Copyright© 自由な生活を実現するためのFX自動売買 , 2020 All Rights Reserved.