WallStreet Forex Robot 2.0 Evolution

自動売買その他

レアなEAが集まり易い販売サイト!EAmarketのご紹介

EAmarketとは?

最近はEAを利用する人、開発(販売)する人、どちらも増えてきているように思います。

日本ではFXの口座数も増え続けていて、副業を国が推奨するぐらいですし、年金や老後の資産についても心配されている状況ですから、楽して大きな利益を上げられそうなイメージのある(?)FX自動売買に注目が集まるのも自然な流れだと思います。

さて、そんな中FX自動売買の肝であるEAの提供方法も多様化してきてますね。

TwitterやLINE、個人ブログ経由で自作EAを配布する人も増えてきましたし、無料EAのサイトなんかも盛況です。

しかしながら、確かにこういうところでも優秀なEAは多く見かけるようになってきてますが、やはり信頼度や海外FX口座を利用したキャッシュバック報酬のメリットを考慮すると、有料のEA販売サイトに出品されているEAを購入して使った方がいいと思う方も多いでしょう。

そんな中GogoJungleやLET’S REALといった大手のEA販売サイトに続く、こちらの新しいEA販売サイト「EAmarket」が気になったのでご紹介したいと思います。

日本国内のEA販売に特化したECサイトのようで、現在までGogoJungleなどでも販売されているEAなどを中心に20個近くのEAが出品されています(画像クリックでEAmerketに移動します)。

この記事を公開している段階ではまだ出品数は少ないんですが、中にはGogoJungleでも人気となっている一粒万倍2五穀豊穣(Ichiryu_Manbai-2)なんかも出品されています。

一粒万倍2五穀豊穣(EAmarket)の詳細はこちら

 

出品手数料据え置きでレアなEAが集まる!?

出品数が少ないにも関わらず、何故このサイトに注目するのか?

それはEAを出品する販売者の出品手数料がかなり安いということです。

どれぐらい安いかというと、専売のEAの場合は出品手数料は15%となっています。

これは他のEA販売サイトの標準的な手数料が35%と言われてますので、それと比較してもかなり割安で、おそらく業界最安ではないかと思われます。

ただし他社サイトでも販売するEAを同サイトに出品する場合は35%となりますので、出品者側からすると手数料に関してはEAmarketオンリーで販売する方が断然お得ということになりますね。

しかもEAのアップロード時にソースコードの提供の必要もありませんので、EAの肝であるロジックの情報をEAmarket側に伝えることなくEAを出品できます。

LET'S REALでも専売の場合は手数料が安くなりますし、販売報酬以外にEAのフォワードの成績に応じて報酬が払われる仕組みがありますが、こういう販売者側に有利な報酬ルールがあるとレアで優秀なEAが集まり易くなるのは、LET'S REALや無料EAサイトのEA-BANKの例を見ると明らかだと思います。

参考FX自動売買トレーダーに朗報!革新的な無料EAサイト・EA-BANKのご紹介

続きを見る


要するにEAmarket専売でEAを出品する出品者側に有利な報酬体系となっているため、今後続々とここでしか入手できないレアで優秀なEAが集まってくる可能性が高いというわけです。

 

バックテストにはTickDataSuiteを採用

もう一つ注目する特徴としては変動スプレッドを使用したバックテストが公開されているという点です。

以前はEAを評価する基準の一つとして「長期のバックテスト」が言われていましたが、最近では単に「長期のバックテスト」というだけでは飽き足らず、「変動スプレッドによる長期のバックテスト」にこだわる方も増えてきています。

それも当然で、リアルな取引環境ではスプレッドの幅は一定ではなく、時間帯やマーケットの状況次第では大きく拡がることもあるわけで、だとしたらそういうリアルな取引環境により近い状態でバックテストをした方が、EAの性能を評価する根拠としてより強いものになるはずです。

GogoJungleでも変動スプレッドによるバックテストが可能となるTickDataSuite(TDS)を使用したバックテストが多くのEAで公開されていますし、最近ではTDSのバックテストをEA開発の段階で取り入れている開発者の方も増えてきているようです。

そしてEAmarketでは、このTDSを使ったバックテストが出品中の全EAに対して適用され、公開されています(※MT4対応のEAのみ)ので、購入する側がEAの性能評価をする場合にもより信頼できるものとなっています。

勿論バックテストだけでなくフォワードも重要な要素ですが、今のところ全てのEAがMyfxbook上でデモ口座またはリアル口座でのフォワードを公開しているようですので、バックテストと合わせたEA評価が可能です。

 

まとめ

以上EAmarketの特徴を簡単に見てきましたが、やはり出品手数料が安いというのが最大の特徴ではないかと思います。

出品手数料が安いということは出品者側の大きなメリットですし、出品しようという誘因になりえます。

しかもEAmarketの専売のみで適用される手数料なので、ここでしか手に入らないレアなEAが集まり易くなります。

またTDSを使用した変動スプレッドでのバックテストが公開されていますので、EAを選ぶ際もより信頼度の高いバックテストを根拠にすることができます。

以上はEAを購入する側にとってもメリットとなる要素です。

現段階ではまだ知名度が低く、マーケティング力が課題ではないかと思いますが、今後このサイトの利用者が増え、EAの出品が増えてくると、EAトレーダーと出品者いずれにとってもより一層利用価値のあるサイトになってくるのではないでしょうか。

当ブログでは今後もこのEAmarketに注目し、ここでしか入手できないオリジナルのEA等があれば紹介させていただく予定です。

EAmarketの公式サイトはこちら

 

 

 

 

© 2021 自由な生活を実現するためのFX自動売買